熱供給事業って

1ヶ所または数カ所のプラントから複数の建物に、配管を通して冷水・蒸気(温水)を送り冷房・暖房等を行う事業。
国の認可事業で、供給する料金も認可料金となっている 公共事業です。

詳しくはコチラ

熱供給を使ってどんあよいことがあるの?

・エネルギー有効活用により、省エネ効果を生み出します。
・熱源設備を一括管理することで、大気汚染・公害を防止し、
さらに災害発生時の二次災害を防ぐことができます。
・設備集中化により、都市美観が向上するとともに、 設備の有効活用が実現します。

もっと見る

エネルギーミュージアムとは

実際に工場現場を「ミュージアム」として開放することによって、石油など一次エネルギーに加え、発電機による発電の仕組み、コージェネレーションシステムの有効性、冷凍機の原理、ボイラーの構造、環境問題などを子供から大人まで幅広い方々に学習してもらおうと考えています。

詳しくはコチラ

熱供給の主な設備

吸収式冷凍機

吸収式冷凍機

暑い夏の時期などに冷房をつくる機械です。

ボイラー室

ボイラー室

寒い冬の時期などに暖房をつくる機械です。

発電機

発電機

電気をつくる機械です。東日本大震災の時も、非常用発電機として活躍しました。

中央監視室

中央監視室

冷暖房をつくる装置の運転操作など監視をするところです。

新着情報

1月21日
採用情報を更新しました。
10月1日
ホームページをリニューアルしました。

エネルギーミュージアム見学お申込み

エネルギー3兄弟 山形熱供給のキャラクターを紹介します!

兄、石油の妖精オイルくん 弟、電気の妖精エレク君 妹、ガスの妖精ガースちゃん

FAXでのお問い合わせ